ガーデニングは準備が大切!

ベランダで気軽に家庭菜園を楽しむ|おすすめの野菜苗

苗の管理で大切なポイント

男性

野菜苗は取り扱いが重要になります。種をまいて発芽させて丈夫な苗に育てていくためには、気をつけるべきポイントがあるので、みていきましょう。最初の管理次第で、成長にも変化が出てくるはずです。

料理のレパートリー広がる

苗

家庭菜園を楽しむ人が増えているといいます。初心者でも簡単に育てることができる野菜苗をプランターや鉢植えを使って育てていくのです。プランターや鉢植えで野菜を作ることができるので、ベランダなど狭いスペースでも家庭菜園が楽しめます。ベランダであれば、気軽にいつでも世話ができるので、とても簡単に家庭菜園にチャレンジすることができるはずです。庭がない家庭でも心配いりません。アパートやマンションでも十分野菜を作って収穫することができるでしょう。簡単に育てることができる野菜苗としては、ハーブがまずはおすすめです。こまめに世話をしなくても、ハーブは生命力が強いので、どんどん成長していくはずです。また、育ったハーブは、さまざまな料理に使用できるので、食べる楽しみもあります。特にバジルやミントは、料理のレパートリーが広がるといえます。バジルは、パジルペーストにしたり、パスタやサラダの色どりとして飾ったりすることができます。また鶏肉とピーマン、玉ねぎなどと一緒にバジルを炒めれば、ガッパオなどエスニック料理も作ることができるでしょう。また、ミントは摘んでお湯を注げば香り高いミントティーになります。アイスクリームなどのデザートの飾りつけにもピッタリです。さらに、ラム酒にミントをどっさり入れてライムを絞れば自家製モヒートの完成です。野菜苗を買って植え替えるだけで、これらの料理を楽しむことができます。また、野菜苗から育てれば、成長を見守っていく喜びも味わうことができるでしょう。

涼やかな緑のカーテン

苗

最近人気が高くなっている野菜苗としてはゴーヤが挙げられます。ゴーヤは夏にたくさん収穫もできて美味しく食べることができますし、天然のグリーンカーテンとしての役割を期待することも可能です。

良い苗を見極めるために

園芸

家庭菜園では、最初に選ぶ野菜苗がとても重要になってきます。野菜苗の良し悪し次第で、収穫にも大きな違いが出てくるのです。良い野菜苗を見極める五つのポイントを解説していきます。